自動車教習所の一つに合宿免許があります。
名前の通り自動車免許を取得するため、合宿をしながら教習を受講するものです。
そもそも、なぜ合宿免許が行われるようになったかというと、昔は近くに自動車教習所がない地域が非常に多かったからです。
しかも、今と違って電車やバスといった交通網が発達していないため、実家から通うのが大変だったのです。
大変だからと言って仕事で必要不可欠なことが多い自動車免許は取得を諦めるべきではありません。
でも、通いやすくするためにホテルや旅館を借りるにはお金がかかりすぎてしまいます。
そのような困った人が多かったため、自動車教習所が合宿免許を取り入れたのです。
合宿免許では、自動車教習所と宿泊施設が隣接しているため、非常に通いやすく遠くの人々にも困ることがありません。
ただ、最近では合宿免許の使い方が多少違っているようです。
というのも、近年ではどこの地域にも自動車教習所があるものです。
もちろん、離島などの一部の地域ではまだまだ自動車教習所に通えないところも少なくありません。
しかし、多くの地域では、バスや電車と言った交通網もしっかりとしていますし、自動車教習所で送迎もしてくれるようになりました。
そのため、ほとんどのエリアで自宅から自動車教習所に通えるようになったのです。
では、どのような人が合宿免許を利用しているかと言うと、主に短期間で自動車免許を取得したいと思っている人です。
自動車免許は数ヶ月もかかることも多いため、時間的な負担が多いのです。
その負担を軽減させるため、短期間で集中的にカリキュラムが組める合宿免許のニーズが高まっています。
大学生の夏休みなどの長期休暇を利用したり、社会人ですぐにでも免許が必要とされるときに非常に便利です。
このように、目的や理由に変化があるものの、今も昔も自動車免許の合宿免許のニーズは多くあります。
その証拠に今でも多くの受講者が合宿免許で自動車教習所に通っています。