自動車免許を取得するために自動車教習所に通うのは必要不可欠なことです。
その自動車教習所では、主に二段階に分けられており、それぞれに学科教習と技能教習があります。
まず第一段階です。
学科教習では大学の講義みたいな形式で講義が行われて道路で運転するための知識を得ます。
技能教習では、自動車教習所の敷地内に設けられているコースを走って基礎的な運転技術を学ぶわけです。
そして、修了検定と仮運転免許学科試験をパスして第二段階に進むことができます。
なぜ二段階に分けているかと言うと、仮免許を取得する必要があるからです。
仮免許があれば、指導者がついていれば公道を走る事ができます。
つまり、第二段階の技能教習では公道で走り実戦経験を積むことになります。
それに連なって学科教習も難易度が難しくなるわけです。
そして、一定のカリキュラムをこなすと卒業検定を受けることができますが、その卒業検定を受けたからと言って即免許証を得られるわけではありません。
自動車免許を持っていない人の多くはそのような勘違いをしていることが多いです。
でも、最終的には運転免許試験会場へ卒業証書と仮運転免許証などを持っていき、視力検査や本免許学科試験に合格して運転免許証を得ることができます。
このように、自動車教習所で二段階を経て本免許学科試験をクリアして初めて免許を取得することができます。
一般的には、どんなにも早くても自動車免許取得には1~2ヶ月は必ずかかるものです。
というのも、一般的な自動車教習所は一日2~3時間の学科教習と技能教習となっているため、少しずつしかカリキュラムをこなすことができません。
その期間を費やすことが難しいと諦めて、免許取得を諦めている大学生も大勢いらっしゃいます。
しかし、1~2週間ほどで免許を取得する方法があります。
それが合宿免許なのです。
宿泊施設に寝泊りしながら朝から夕方まで、カリキュラムをこなすことができるため、短縮することができるわけです。